2020松山西の出来事

1年生授業風景

11月に行われるレシテーションコンテストに向けて

クラス予選が行われています。

発表者は、声の大きさや話す速度、視線に注意して、

懸命に取り組んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

下の写真は、特別国語の授業の様子です。

各クラスで行われる「俳句甲子園」に向けて準備をしています。

聴き手はメモを取りながら、真剣な態度で耳を傾けていました。

 

 

インプットしたことをアウトプットする~令和の授業

インプット(読解力)をアウトプット(表現力)する力をプレゼンテーション能力といいます。

これは3年国語の授業の様子です。発表者が俳句から読み取ったことを、聴き手であるクラスメートに伝えています。聴き手は発表者の意見に真剣に耳を傾けつつ、激しく熱心な質疑応答を繰り広げ、お互いの理解を深めています。

松山市新人大会 テニス女子

10月14日(水)から10月16日(金)に、女子テニス部が松山市新人大会に出場しました。団体戦で準優勝し、ダブルスではベスト4に残りました。全部員が一生懸命プレーし、応援し、チーム一丸となって勝負できました。今後に向けて、さらに気合を入れて練習に励みたいと思います。

深まる秋

 校庭で深まる秋を見つけました。

 朝夕涼しくなり、イチョウの葉が、青葉から黄葉し始めています。

 (西校生の制服は、白から緑に変化しています。いずれは、紺になります。)

 さて、イチョウの葉には、真ん中に切れ込みがあるズボン型、複数の切れ込みがある手のひら型、切れ込みがない扇型の3種類があるそうです。同じ枝の葉でも違う形があったりして、なぜなのか、理由は分かりません。ほんの少しの外的要因が、大きな違いにつながっているようです。

 一枚たりとも同じものがないイチョウの葉――。一人一人みんな違っている  人間と同じだなあ。元気な西校生たちも、みんな同じ制服を着ているけれど、それぞれ特性や思いは違うよなあ。――なんて考えてしまいました。

 

 「……の秋」と言われます。

 図書館入口の「本のなる木」も色が変わりました。「思索の秋」「読書の秋」です。いざ、本の森へ!

 そして、本を読んで、考えを深めて、おなかがすいたら、「食欲の秋」!

 西校生のみなさん! 秋の深まりとともに、頭も、心も、体も、成長させていきましょう!!

手洗いの大切さ

いろいろな病気から身体を守る一番簡単な方法は、手洗いです。しっかり洗いましょう。

保健委員も石鹸水を毎日補充しています。