H30松山西の出来事

五鶴贈呈式が行われました

1月17日(木)、朝、「五鶴贈呈式」が行われました。

これは、大学入試センター試験を間近にひかえた6年生に、1~5年生の後輩たちが一人一羽ずつ折った千羽鶴でつくった手作りのお守り(五鶴=合格)を渡すものです。

1期生が受験した時から、ずっと続いている中高一貫教育校ならではの行事です。

例年は体育館で、全校生徒が集まって行っているのですが、本校でも少しずつインフルエンザに感染している生徒がでているため、大事をとって、今年は、全校放送で後輩からの激励の言葉を伝え、6年生の教室に後輩の代表が赴いて、一人一人に「五鶴」を手渡しました。

受験間際の6年生の体調を守るため、渡す側も受け取る側もマスクをしたままの贈呈になりました。

「五鶴」は各グループで色が違っています。

美術の時間の様子

 

自分でデザインした帽子を制作中。今月末の完成を目指しています。

 

ガンバレ!6年生!

 

センター試験まで1週間を切りました。

放課後の教室には、たくさん灯りがともっています。

センター試験に向けて、最後の追い込みをかける6年生の姿が印象的でした。

入学予定者発表

本日午前9時、本校体育館前にて、平成31年度入学予定者の発表を行いました。

3学期給食スタート

本日から3学期の給食が始まりました。

3年生は、給食もあと3か月で終わりです。

級友と一緒に同じメニューで食事するひと時のしあわせを感じながら過ごしてほしいと思います。

 

 

 

音楽の授業風景(4年生)

3学期の4年生の音楽の授業では、ギターを始めました。

ほとんどの生徒が初心者で、カメラに微笑む余裕がありません。

まだまだコードを押さえるのに悪戦苦闘しています。

1か月後の発表会では、それぞれ自分の選んだ曲を発表する予定なのですが・・・。

さて、どれだけ上達しているか・・・またホームページで紹介したいと思います!

入学者選考準備

 本日は2時間の授業の後、大掃除・検査場準備を行いました。

準備が着々と進められています。

明日、生徒の皆さんは登校禁止となります。

ひさえだ書き初め大会に参加しました。

平成31年1月5日(土)に行われた、久枝児童館主催の「ひさえだ書き初め大会」に書道部が参加しました。

まず書道部前期生による「書道パフォーマンス」を行いました。

「勝機」をテーマとした作品を、堂々と発表することが出来ました。

その後、集まった小学生たちと一緒に書き初めを行い、交流しました。

 

なお、今回児童館から依頼のあった、書道部後期生が作成した「児童館へおいでよ。」のメッセージ作品は、児童館に掲示してくださるそうですので、ぜひ足を運んでみてください。

 

 

3学期スタート

冬休みも終わり、今日から3学期の始まりです。始業式の後は課題テスト(6年生は授業)が実施されました。

 

あけましておめでとうございます

本年もよろしくお願いいたします。

本日から6年生は目標実現のために気合入れて学校で勉強に励んでいます。お正月気分を黒板に少し出しつつも、気持ちは入試に向かっています。

部活動でも新年恒例の練習会をしているところもあります。

 

アンサンブルコンテスト中予地区大会(中学校3日目)結果報告

12月28日、アンサンブルコンテスト中予地区大会(中学生の部3日目)が

行われました。審査結果を御報告いたします。

フルート四重奏 銀賞

木管三重奏 銅賞

これにてアンサンブルコンテスト中予地区大会は閉幕です。

新たな課題もたくさん見つかり、収穫の多い3日間でした。

しばらく年末年始の充電期間に入りますが、代表に選ばれた

チームは県大会でさらにいい演奏ができるよう、頑張ります。

応援してくださった皆様、ありがとうございました。

センター試験に向けて

 暖かい室内から、時々外に出て涼しすぎる空気の下で一問一答の出し合い。助け合って共に頑張っています。

来シーズンに向けて

それぞれの目標達成のために各部とも日々努力しています。陸上競技部は、先日梅津寺の砂浜を利用したトレーニングをしました。普段と違う環境で密度の高い練習ができました。「個人の競技力の向上は集団力による。」をモットーに冬季練習を乗り越えたいと思います。

アンサンブルコンテスト中予地区大会(中学校2日目)結果報告

12月27日、アンサンブルコンテスト中予地区大会(中学校2日目)が

行われました。審査結果を御報告いたします。

サクソフォーン八重奏 金賞 中予地区代表

クラリネット四重奏B 銀賞

金管八重奏A 銀賞

また1チーム、代表権を獲得しました!

最終日、あと2チームです。

アンサンブルコンテスト中予地区大会(中学校1日目)結果報告

12月26日、アンサンブルコンテスト中予地区大会中予地区大会

中学校の部1日目が行われました。審査結果を御報告いたします。

打楽器六重奏 金賞 中予地区代表

クラリネット四重奏A 金賞

金管八重奏B 金賞

第1日目の出演グループ3チームすべて金賞という好成績でした。

特に、金管八重奏Bチームは全員1年生ながらも大健闘でした!

続いて、2日目、3日目も頑張ってくれることでしょう。

忘年句会(国際文化・文芸部/俳句)

 

12月22日に本校で、すっかり恒例になった忘年句会を行いました。

松山東、愛光の俳句部員さんをお招きし、21名が参加。顧問の先生、講師の先生も参加して、午前中は28人で句会。兼題は「雪女」「冬至」「息白し」「風呂吹き(大根)」「鮫」。

午後はくじ引きで即席チームを作り、ディベート力も加味される紅白戦を行いました。

にぎやかで、なごやかな雰囲気の中、自分の伝えたい思いや発見を五七五で表現し、鑑賞し、研鑽する貴重な機会になりました。俳縁に感謝!

アンサンブルコンテスト中予地区大会(高校)結果報告

12月24日、愛媛県生涯学習センターにて、第42回全日本アンサンブルコンテスト中予地区大会(高校)が行われました。

本校の後期課程吹奏楽部から5つのチームが出場しました。結果を御報告いたします。

打楽器七重奏 金賞 中予地区代表

クラリネット四重奏 金賞

金管八重奏Aアドリアノス 金賞

木管八重奏 銀賞

金管八重奏Bクロス 銀賞

12月26日からの3日間は中学校の部が行われます。

先輩たちの活躍に刺激を受けて、前期課程のチームも頑張ってくれることと思います。

「高校生による創作ダンスフェスティバルin西条」への出演

 24日(月)、上記の大会へ後期ダンス部が出演しました。筑波大学舞踊研究室の先生方による専門的な講評をいただくことができました。また、ワークショップや他校との交流もでき、大変有意義な大会となりました。この経験を今後に生かしていきたいと思います。

第28回日本クラシック音楽コンクール入賞

吹奏楽部5年生の近藤寿奈さんが、12月7日に

かつしかシンフォニーヒルズ(東京都)で行われた

第28回クラシック音楽コンクール全国大会 ホルン部門

高校生の部において、第2位(1位なし)に入賞しました。

吹奏楽部での合奏とは異なるプレッシャーを感じつつも

結果を出すことができ、大きな自信に繋がりました。

今後も楽しみです。

 

【前期テニス部】四国大会3年連続優勝

 12月23日(日)に香川県総合運動公園で、第29回四国中学校テニス新人大会が行われました。

天候にも恵まれ、厳しい試合が多かったですが、順調に勝ち進みました。決勝戦では、前回の愛媛県予選で敗北した「港南中」に、逆転勝利し、3年連続優勝を果たすことが出来ました。次の全国大会に向けて、頑張っていきたいと思います。

合格祈願 絵馬奉納

 6年生の志望校合格と、在校生の学業成就を祈念して毎年美術部5年生が大絵馬を作成し三津の厳島神社に奉納しています。平成23年卯年に始まり、今年で9回目になります。

 歴代の絵馬が飾られた、神社境内の絵馬堂に入ると、西中等が歩んだ歴史が積み重なり、未来に向かって進んでいることを実感します。初詣などで訪れた際には、ぜひ絵馬堂にも立ち寄ってみてください。

前期ダンス部 「DANCE!DANCE!! DANCE!!! 」 出演

 22日(土)、エミフルMASAKI10周年特別イベントとして、「DANCE! DANCE!! DANCE!!!」に前期ダンス部が出演しました。多くの観客の皆様の前で、笑顔で楽しくパワフルに踊ることができました。見に来てくださった方々、ありがとうございました!

家庭クラブ「料理講習会」

 20日、午後から家庭クラブ「料理講習会」を行いました。昨年に引き続き、河原学園の先生にご指導いただきました。ありがとうございます。好評につき、4・5年生46名もの参加でした。作ったのは、「ガトー・ドウ・ノエル」というクリスマス向きの丸いかわいいケーキです。卵の泡立てが大変でしたが、ふわふわの生地が焼き上がり、デコレーションもそれぞれかわいいケーキが出来上がり、おいしくいただくことができました。

第2学期終業式

 本日は第2学期終業式が行われました。校長先生からの式辞を聴き、各学年の生徒達は今学期のことを振り返り、新年に向けて目標を持って学校生活や部活動を頑張ろうとしています。冬休みはステップアップゼミなどがあります。充実した冬休みにしましょう。

前期課程集会

2学期最後の日は、あいにくの雨模様です。

1限目は、体育館で前期課程集会が行われています。

2年生の生徒代表が、2学期の反省と3学期に向けての抱負を述べた後、

諸先生方の講話がありました。

真剣まなざしで前を見つめ、耳を傾けています。

2018年最後の給食

前期生の給食の様子です。

みんなで協力して運搬、配膳し、残食ゼロを目指しています。

 

手洗い、念入りにしてます。

配膳も手際よくできています。

増量希望の長蛇の列!!

担任の先生によるじゃんけん大会も行われます。

 

午後に向けてエネルギー補給十分にできたようです!

本日の給食はホームページのメニューからご閲覧できます。

1年生「故事成語」

1年生の国語では、グループで「故事成語」を調べて、

他の生徒に向けて、授業をするという活動をしています。

「五十歩百歩」「虎の威を借る狐」「株を守る」「朝三暮四」

「漁夫の利」「舟に刻みて剣を求む」「推敲」「四面楚歌」

を訓読文で読むことに挑戦し、故事や意味を調べ、授業を行います。

本日は、その準備2日目でした。

授業で使用するワークシートやカードを作成したり、

授業の構成を考えたり、

よりよい授業にするために、40人のミニティーチャーが奮闘していました。

授業が楽しみです!

 

 

 

 

持久走大会に向けて

 持久走大会の練習の季節です。グランドや校舎外を見てみると、それぞれの学年の生徒が一生懸命に走っていました。この季節、センター試験や入試に向けて全力で学習に取り組む6年生や、授業や部活動に力を注ぎ日々の学校生活を充実させている1~5年生たちを見ていると、春に向けてしっかりと力をつけている様子が伝わっていきます。

アクティブ・ラーニング合同学習会

 アクティブ・ラーニング合同学習会が本校を会場に12月15日(土)に行われました。アクティブ・ラーニング研究グループ校の松山南高校本校・砥部分校・北条高校・松山工業高校・松山西中等教育学校から生徒32名の参加で行いました。題目は「学校案内による学校研究」で内容は普通科、工業科(デザイン科)、総合学科、中等教育学校について各学校の「学校案内」を使って学校の見方を学習し、他校のことを知り、それらのことを活かして自分の通っている学校について、さらに深く理解するきっかけをつかむことを目的としたものでした。

   活発な意見交換や、集団討論を取り入れた班別活動、ポスターセッション形式の発表など各自が今後の学校生活における課題を発見し、解決に向けた主体的・協働的な学びを行うことができました。

 

アクティブ・ラーニング公開授業

 12月13日(木)に本年度2回目のアクティブ・ラーニング公開授業が行われました。各教科におけるアクティブ・ラーニングを取り入れた授業を本校、グループ校、愛媛大学、県教育委員会の先生方に参観していただきました。

授業後、授業研究や情報交換などを行い、アクティブ・ラーニングについて熱心な研究協議が行われていました。

1年生の授業の風景

昨日は、県内の先生方を対象に、アクティブ・ラーニングの公開授業を行いました。
その中から、1年4組の国語の授業「ミニ俳句甲子園」の様子をお伝えします。

 
1年4組の「今日の目標」には「俳句甲子園でディベートを頑ばろ〜〜〜〜!」と書いてました。みんなの意気込みが感じられますね!司会(「行司」と言うんだそうです)の生徒も緊張気味です。

 
第1試合が始まりました。最初に紅組さんが自分たちの句を詠んでからディベートに入ります。

 
白組さんから質問が浴びせられます。紅組さんが一生懸命応答します。

 
攻守交代。紅組さんは、先ほどの白組さんに負けないように質問しています。

 
オーディエンス(聴衆)もメモをとりながらしっかり聞いています。先生も、みんなの活躍を頼もしげに見守っています。

判定!
 
紅組さんが勝ったようです!
判定の後、オーディエンスの生徒が感想を述べています。
こんな感じで4試合目まで行われました。


生徒達に人気だった、第2試合目の白組さんの句です。いかがですか?

 
生徒達の活躍に、先生もとっても上機嫌ですね!
見に来られた県内の先生方も感心してくださっている様子でした。

先生の最後のお話の中に「あなたたちが卒業したら『出身は松山なの?じゃあ、俳句詠めるよね?』って言われますよ」という言葉がありました。たしかに、松山では小学生の頃から授業で俳句が扱われるのが普通で、松山で生まれ育った人はみんな何度も俳句を作ったことがあるでしょうし、俳句が文化として根付いていると思います。
私は理科の教員ですが、「俳句甲子園」形式のディベートは、俳句を詠むだけでなく、俳句の味わい方を知ることができる楽しい授業だなと思いました。

生徒達の頑張りや、俳句に見える感性の豊かさがとっても印象的でした。1年4組の生徒の皆さん、本当によく頑張りましたね。お疲れ様でした!

朝の登校の様子

12月になって急に寒くなってきました。

写真は朝の登校の様子です。

1列で信号を待つ様子は気持ちのいいものです。

寒くなって少しずつ家から出る時間が遅くなっている生徒もいるようです。

早めに支度をして余裕を持って登校しましょう。

朝礼(保健委員会)

本日の全校朝礼は、保健委員会の発表でした。

前期及び後期保健委員会の活動報告を行い、教室の換気やトイレを使うときのマナーについて紹介しました。

家庭クラブ梅津寺海岸清掃ボランティア

 8日(土)のサタサポ後、家庭クラブ毎年恒例の梅津寺海岸の清掃を行いました。家庭クラブ員、陸上部員、東高家庭クラブ員合わせて70数名の参加でした。ゴミ袋17杯分集まりました。清掃後は、少しですが家庭クラブの交流の時間を持てました。今年度は両校とも男子会長を中心に活動をしているようです。陸上部員はそのまま砂浜での部活動となったようです。

総合学習発表会5年文系

総合学習の発表会を文系は図書館で行いました。

「日本社会は子供をどう守るか」

「日本の人口減少と経済発展について」

「日本の英語教育について」

「インクルーシブ教育は推進すべき政策なのか」

「これからのスポーツ界の指導者に必要なこと」

のテーマでの5名の発表を真剣な態度で聞き入っていました。

 

 

 

今回の新書の研究やレポート、小論文作成そして、仲間の発表を聞く体験が今後の進路決定に生かされる貴重な体験となってほしいと期待しています。

 

 

5年生 総合学習発表会

昨日は5年生の総合学習発表会が行われました。

文系と理系に分かれて行われました。理系では以下のテーマで5名の生徒が発表しました。

「これからの科学」「科学の発展」「日本における災害医療と病院船」

「緩和ケアのこれからのあり方」「出生前診断の是非」

プレゼンテーションを準備してくれた生徒もいました。

質疑応答では鋭い質問もありました。

科学技術と人間の在り方が密接な関係にあることが改めて強調された発表会だったと思います。

 

 

ひかりの実 

美術科では、今年も道後オンセナートのイルミネーションアート、「ひかりの実」に参加します。

授業での制作は本日スタートしました。来年も良い年になりますように。願いを込めて一つ一つの実にスマイルを描きます。

20日までの間、中庭の木々を笑顔のイルミネーションが彩ります。

 

【向寒】

 先週に比べると、今週は随分寒さが強くなってきました。授業中に暖房をつける教室も増えつつあります。

寒い中でも、外の部活動は寒さを吹き飛ばす勢いで元気いっぱいに頑張っております。

風邪に気を付けて、残りの2学期を過ごしてほしいと思います。

1年生国語の授業

1年生の国語の授業の中で、俳句甲子園を行いました。どのチームも準備をしっかりとしており、お互いが作った句についてしっかりと意見が述べられていました。

  

 

 

 

エコノミクス甲子園の愛媛大会が行われました。

12月9日(日)、エミフルMASAKIで第13回エコノミクス甲子園の愛媛大会(県予選)が行われました。

これは、内閣府、文部科学省、金融庁が後援する高校生金融経済クイズ選手権です。

愛媛大会は第3回大会から行われるようになりました。

本校はその第3回大会から、ずっと出場しています。

そして第6回大会から9回大会まで4連覇を果たしましたが、この3年間、全国大会から遠ざかっています。

今日は、愛媛県各地から2組28チームが参加して全国大会をかけて戦いました。

本校は4年生の4ペアが出場し、金井俊太朗・髙橋 璃恩組が予選を2位で通過して決勝(6組)に進みました。

一時は首位に躍り出たのですが、残念ながら負けてしまい、全国大会へは進めませんでした。

しかし、これまで全国大会へ行った先輩たちも4年生で経験して、5年生で全国へ行きました。

来年が楽しみです。

予選第2ステージ(早押しクイズ)の様子。3問先取でグループ1位抜けになります。

 

決勝はボード形式。しかし、複雑なルールで正解しても得点が増えないばかりか逆に減ったりしました。

また1問のミスが大量失点となる場合もありました。

決勝開始。予選通過得点は、1位から4位までが6点差の激戦であったことが分かります。

 

 

eラーニング「第7回 東京大学による高校生のための金曜特別講座」

「高校生のための金曜特別講座」第7回は、東京大学大学院数理科学研究科・米田  剛准教授による講義でした。

 高校で習う積分はリーマン積分といわれるもので、基本的には連続関数に対して定義される積分です。おおざっぱにいうと、連続関数を短冊(長方形・直方体など)で近似し、それぞれの短冊の面積(体積)の和を取ることでそれを積分値とみなす、というアイデアです。このアイデアでは「各短冊の面積が定まっている」ということと、「各短冊の面積の和の極限をとる(数列の無限和とみなす)」という二点が大前提となっており、よくよく考えると、この二点は、関数の連続性とはあまり関係がありません。「この二点さえ抑えておけば、より一般的な積分論を構築できるのではないか?」と思い至ることは自然だと思います。ここがルベーグ積分論の起点となるわけです。

   しかし、ルベーグ積分は現代数学の根幹を成すにも関わらず、初学者にとっては、なかなか理解しにくいというのが現状です。ルベーグ積分は、前述の二点を前提としながら、テトリスゲームのようにブロック(長方形・直方体など)を積み上げていくイメージです。しかし、その積み上げ方にある程度の制約を加えないと、「無限」にまつわる或る厄介な現象が起きてしまい、積分が定義できなくなります。そういった「厄介な現象を巧妙に避ける」というルベーグ積分の核心ポイントについて講義がなされました。

参加生徒感想

・最初に「長さ」の概念を考えたときに、単に「長さ」というだけでも深い考え方や定義があり驚きました。今日の講座はとても難しかったですがルべーグ積分がこれからの数学にとって、とても重要であることがわかりました。(5年男子)

・内容は難しかったですが、高校1年生の教科書でも見られるような導き方を用いていたことから、レベルが上がっても基本は同じなんだと思いました。(4年女子)

 

グループマッチ

本日は延期したグループマッチが行われました。

5年生の副グループ長による宣誓です。

体育館では、2年女子バレーボール、3年男子バドミントン、

4年女子、5・6年女子バレーボールが行われました。

相手をどう攻略するか作戦会議をしています。

グラウンドでは、1年女子、5・6年男子ハンドボール、

2年男子、3年女子、5・6年男子、女子サッカー、

1年男子、4年男子ソフトボールが行われました。

応援にも力が入ります。

最後に先生vs生徒のドリームマッチも行われました。

グループマッチの結果は次の通りです。

1年男子ソフトボール 暁雲

1年女子ハンドボール 青穹

2年男子サッカー 銀嶺

2年女子バレーボール 暁雲

3年男子バドミントン 暁雲

3年女子サッカー 蒼龍

4年男子ソフトボール 蒼龍

4年女子バレーボール 蒼龍

5・6年男子ハンドボール 蒼龍

5・6年男子サッカー 青穹

5・6年女子バレーボール 暁雲

5・6年女子サッカー 蒼龍

 

2学期グループマッチ総合優勝は暁雲でした。

皆さん、お疲れさまでした。

美術部絵馬制作

美術部では三津にある厳島神社に奉納する絵馬制作真っ最中です。

来年干支は亥!かわいい亥の親子を描きます。楽しみに待っていてください。

前期生給食風景

 今日の給食の様子です。準備も早く出来て、班で楽しく会話をしながら食べることが出来ました。

明日はグループマッチ、金曜日はグループマッチ予備日のためお弁当です。

明日もグループマッチの作戦などを話しながら楽しく食べましょう。

3年生総合

11月に愛媛大学を訪問した3年生。学部ごとに編成された班で、現在、愛大訪問プレゼンを作成しています。真剣な表情で準備を進めています。きっとよい発表ができることでしょう。