技術・家庭科の授業の様子(2年生)

 2年生が技術・家庭科の授業で、エネルギー変換を利用した製作の実習をしています。製作しているのは音や光のセンサによって反応するデジタル時計です。

 最初にはんだづけです。ほとんどの生徒がはんだづけの経験がなかったのですが、少し慣れると上手にできるようになりました。

 はんだづけが終われば、組み立てます。ドライバーを使って次々と部品を組み合わせていきます。

組み立ての様子

 全部の部品を組み合わせれば完成!

 完成した製作品は、パソコンと接続していろいろな機能を制御できるようになります。プログラム学習は少し難しいですが、頑張ってこれからも学習していきましょう。